Home > 注意すべき点 > 相続時精算課税 > 相続時精算課税制度の確定申告期限の注意点
gf1420367283w

相続時精算課税制度の確定申告期限の注意点


確定申告の期限厳守です!

相続時精算課税制度の確定申告手続きは、非常に厳しいです。

最初に相続時精算課税の適用を受けようとする年の翌年2月1日から3月15日までの間(平成24年の確定申告の場合は平成25年3月15日まで)に「相続時精算課税選択届出書」と贈与税の申告書を提出しなければなりません。

それを一日でも遅れると、相続時精算課税は適用できず、原則の暦年課税となってしまいます。

2500万円の住宅取得資金の贈与の場合、暦年課税だと贈与税は970万円になります。

これだと贈与を受けた意味がなくなってしまいます。

必ず、確定申告期限を厳守するようにして下さい。

毎月30名限定!無料レポート 「5つの相談事例から学ぶマイホームの税金」は・・・

関連記事がありません